ハロウィンに子どもに読み聞かせたい英語絵本ベスト20

10月31日は「ハロウィンの日」

もともとハロウィンは欧米圏の秋の行事ですから、ハロウィンの絵本を読もうと思ったら、海外の絵本のほうが圧倒的に品数が豊富です。イラストも可愛いものからちょっぴり怖いものまで。表紙を眺めているだけでもワクワクしちゃう洋書のハロウィン絵本。

 

そんなハロウィン絵本の中でも実際にアメリカ人講師が読んでいた絵本や英語図書館「ストーリーランド」のイギリス人講師が選んだ本、実際に私が購入してよかった本などを紹介します。

▼1800冊以上の英語絵本が読める、借りれる図書館「ストーリーランド」とは?

【九州長崎】1800冊以上の英語絵本の無料貸出がある図書館「ストーリーランド」とは?

2019.01.21

 

英語の絵本に興味はあるけど、なかなか……と思っている方も、これを機にぜひ一度手にとってみませんか?

スポンサードリンク

ハロウィン前になるとAmazonで売り切れ!人気本「What’s in the Witch’s Kitchen?」


What’s in the Witch’s Kitchen?

著者  :Nick Sharratt
出版社 :Candlewick

ハロウィンの英語絵本の中でド定番で人気が高いのがこの絵本。著者はその鮮やかな色彩とユーモアあふれるストーリーが日本でも人気のアメリカ人絵本作家ニック・シャレットです。

 

親子英語サークルの読み聞かせにAmazonで購入しようとするも2年連続で売り切れ(!)でした。今年こそはぜったい購入するゾ!!

 

こちらの絵本、しかけ絵本になっていて、トースターやお菓子の箱ややかんの中に「おばけ」やら「虫や爬虫類」やらあり得ないものがたくさん!

 

単語そのものはそこまで難しくありませんが、少々文章が長いので、小さなお子さん向けに読み聞かせする場合は、太字だけ読むなど要所要所だけ読んだり、部分に日本語を織り交ぜて読んでもいいかもしれませんね。

 


Peek-a-Boooo!

著者  :Marie Torres Cimarusti
出版社 :Dutton Juvenile

「Peek a Boo!」は日本語で「いないいないばあっ!」の意味の言葉です。タイトルどおり”Guess Who? Peek-a-○○”という形式で進んでいきます。


ハロウィンにはお馴染みのキャラクターである「魔女」「がいこつ」「モンスター」たちがフリップをめくると出てくる仕組みになっているので子供たちはそれをめくりたくて仕方ありません。

 

最後のページはhaunted houseの窓に「boooo!」「 mmmmmm!」「clack clackety clack!」等とかかれておりそれぞれの窓をめくるとそのキャラクターが登場するようになっています。

 

小さなお子さんでも楽しめる内容がいいですね。

 

「Pete the Cat: Trick or Pete」


Pete the Cat: Trick or Pete

著者  :James Dean
出版社 :HarperFestival

『Pete the Cat』は行きつけの英語絵本図書館のイギリス人司書さんおススメのイギリスのシリーズ本です。自力読みし始めくらいの子向きなので、英文が易しく、ネコのPeteがコミカルに描かれていて愛着がわく作品です。

 

「Room on the Broom (Picture Puffins)」


Room on the Broom (Picture Puffins)

著者:Julia Donaldson
絵:Alex Scheffler

こちらの絵本はオーストラリアで人気が高い絵本で、著者とイラストレーターは「Gruffalo」と同じです。タイトルを直訳すると「ほうきの上のスペース」。主人公の魔女が飛んでいった帽子を探してほうきで空を飛んでいると犬、猫、鳥…と色々な動物がほうきに乗ることに・・・。

 

特にハロウィン向けの絵本ではありませんが、冒険活劇でオチも面白いです!ただし、英文が多いので、英文をある程度読めるお子さん向き(小学生~)といった感じです。

 

「Clifford’s First Halloween」


Clifford’s First Halloween (Clifford Board Books)

著者  :Norman Bridwell
出版社 :Cartwheel Books; 1版

『クリフォード』はDVDもあるアメリカで人気の高いシリーズ本です。なぜかものすごく大きい赤い犬クリフォードと家族と犬の友達とのアットホームな日常が描かれています。この絵本はクリフォードが赤ちゃんの頃のお話で、ハロウィンの日、買い主の女の子が仮装したり、かぼちゃのおばけを作ったりと家族でハロウィンをどう祝うのかがよくわかる絵本です。

「Boo!」


Boo! (Leslie Patricelli board books)

著者  :Leslie Patricelli
出版社 :Candlewick; Brdbk版

幼児向けの絵本で人気の高いLeslie Patricelli(レスリー・パトリチェリ)のハロウィンをテーマにした絵本です。白いオムツをはいた赤ちゃんが畑にあるたくさんのカボチャの中から、これは小っちゃすぎ、これは大きすぎ、とハロウィンのお化けカボチャを作るためのカボチャ選びをするというお話。

 

ネイティブの1~3歳児向けに描かれているので、英語が短くてシンプルなのと、落ち着いた色合いなのにインパクトあるイラストがとても印象的な作品です。

「Where Is Baby’s Pumpkin?」


Where Is Baby’s Pumpkin? (Karen Katz Lift-the-Flap Books)

著者  :Karen Katz
出版社 :Little Simon; Brdbk版

こちらも幼児向け絵本作家で日本でも人気が高いカレン・カッツのハロウィンのしかけ絵本です。日本語バージョンも多くあるのでこの絵柄、一度は見かけた方もいらっしゃると思います。

出典:http://www.booksouffle.com

写真の落ち葉の中に隠れていた黒猫を見つけるページは文字量が多いですが、後は大体2~3行で簡単です。小さな女の子が家の中やお庭に隠れているおばけやこうもりを見つけていくというストーリーで、「in」「under」などの前置詞を学ぶいい教材でもあります。

「Two Little Witches: A Halloween 」


Two Little Witches: A Halloween Counting Story Sticker Book

著者  :Harriet Ziefert (著), Simms Taback (イラスト)
出版社 :Candlewick; Reprint版

『Ten Little Indians』のインディアンを魔女にした内容のお話です。魔女のコスチュームを着た2人の女の子がお菓子をもらう途中に次々と仲間が増えていっくというもの。1ページに2行ずつの簡単な英文で、同じ文が何度も繰り返されるので、読み聞かせにピッタリ。内容は2~5歳対象。1~10までの簡単な数を覚えるのにも効果的です。

 

「small clown」「tall skeleton」「striped cat,」「fuzzy bunny」「orange pumpikin,」「friendly pirate」などが出てきて形容詞のお勉強にもなります。

「Peppa Pig: Peppa’s Pumpkin Party」


Peppa Pig: Peppa’s Pumpkin Party

著者  :Praca Zbiorowa
出版社 :Ladybird

オーストラリアの大人気シリーズ本。イギリスがメイシ―ちゃんならオーストラリアはこのペパーピグでしょうか。日本の「アンパンマン」的な位置づけで物事の善悪を教えてくれます。アニメシリーズもあり、Youtubeでたくさん流れていますよ。

「Big Pumpkin」


Big Pumpkin

著者  :Erica Silverman
出版社 :Aladdin; Reprint版

もともとハロウィンで使われていたのはかぼちゃじゃなくて「かぶ」だったというのをご存知ですか?それはまぁさておき、このお話は『大きなかぶ』のかぼちゃバージョンです。なので、登場人物はおじいさんではなく「おばけ」。文章が少々長いですが、イラストのおばけに魅力がある絵本です。

まとめ

今回は、20冊人気の高いハロウィン絵本をピックアップしました。
中には、どちらかというと大人向け、ネイティブ向けのちょっと英語が難しい絵本もまぎれています。ですから、次回は、英語が簡単で小さなお子さんでも読める絵本を厳選してお届けしたいと思います♪
ハロウィンパーティー向けの工作や折り紙なんかも載せています。
最後まで読んでくださりありがとうございます。