子連れセブ島旅行、一番安い航空会社はどこ?航空券の相場を徹底検証!

小さなお子さん連れの海外旅行デビューにセブ島は今かなりおススメです。なぜなら、渡航時間が片道約9時間かかるハワイに比べてセブ島は成田からの直行便だと約半分の4.5~5.5時間と渡航時間が短いからです。

そして費用もハワイやグアムより安い!格安航空券やホテルを個人手配したり、格安ツアーを利用すれば、5泊6日で家族4人でも全部で50万あれば行けます。
↓  ↓  ↓

 ともろぐ。
ともろぐ。
https://tomo-info.com/archives/419
英語育児や子育て全般について情報発信中です。

旅行先にセブ島を選ぶ方はきっとコストを安く抑えたいと思う方が多いかと思うので、ここでは日本ーセブ島間を就航している航空会社とその航空券の相場を紹介し、どこが一番安いのかまたそのサービスについてもご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

主な航空会社の相場とサービス

航空券の相場(※大人1人当たり、成田―セブ島往復直行便、7月~8月) 座席モニター Wifiサービス 機内食 フリードリンク
日本航空(JAL) 15万~ 無料
全日空(ANA) 15万~ 無料
フィリピン航空 10万~ 有料
バニラエア 3万~6万 有料
セブパシフィック航空 3万~6万 有料 水は無料

日本ーフィリピン(マニラ/セブ)間を就航している大手航空会社は、

日本航空(JAL)
全日空(ANA)
フィリピン航空
の3社です。

LCCだと、

バニラエア
セブパシフィック航空

の2社が人気です。Skyscaner等の航空券サーチエンジンで検索するともっと格安航空会社(以下LCC)はたくさん出ますが、どれも乗り継ぎ時間が半端なくかかります。小さなお子様連れの場合は、乗り継ぎ時間は最短、もしくは直行便を強くお勧めします。

(1)LCCは大手航空会社の3分の1~4分の1の値段!

まず、航空券の相場を見ると、大手航空会社とLCCの値段差は一目瞭然ですね!一番高いのがやはりANAとJAL。一番安いのがフィリピンのLCC、セブパシフィックです。

私たちは個人手配で、航空券はセブパシフィックにしたので、家族4名、春休みのハイシーズンの5泊6日でも50万円内に抑える事ができました。もし、ANAやJAL、フィリピン航空を選んでいたらとてもこの値段では行けなかったでしょう。

ただし、旅行代理店を利用すれば、大手航空会社を利用してもかなり費用を抑えられる場合があります。セブ島へのツアー旅行「ハッピーホリデー」さんがツアー代金が安く、対応も丁寧なのでおススメですよ!

 

(2)LCCはセールを利用すればもっとやすく行ける

特にセブパシフィックは年中セールを公式HPで開催しているので、ネット航空券より安く航空券をゲットできる可能性が高いです。実際に私も定期的にセブパシの公式HPをチェックしてました。

セブパシはセールがほんとすごくて、年に1~2回ほど航空券が1円で買えるお宝セールもあるんです!※実際は色々と追加料金が発生するのでトータルは何千円かになるようです。それでも破格値!

もちろんこんなセールはものの数時間で完売になります。普通のセール時も1日も経てば人気の曜日や時間帯はすぐに埋まります。ちなみに先日、私が家族旅行でセブパシフィック航空で購入した
日本ーセブ間の渡航費がこれ。

2018/3/24 セブパシフィック 成田―セブ直行便   28250円
2018/3/29 セブパシフィック セブ―福岡(マニラ経由)23489円

往復で、一人5万円ちょっとです。
私の場合、春休みの繁忙期プラス、座席指定やら食事やら付けたのでこのお値段ですけど、それらのサービスを付けなかったら4万円台という破格の値段です!

スポンサードリンク

(3)セブ島だとLCCを利用すれば、夏休みなどの繁忙期でも航空券が安い

フィリピン・セブ島行の航空券のハイシーズンは、やはり夏休みと年末年始。あと、ベストシーズンの1月~3月も他の月に比べると高いです。

しかし、ゴールデンウイークを過ぎれば、雨期に入るという事もあってか、LCCを使えば、夏休みシーズンでも意外とローコストで行けるのが、セブ島です。
夏休みの航空券でも春休みまでに手配しておけば、一人往復5万円前後でいける可能性が高いです。

 

(4)ただしサービスはやはり値段相応

ただし、セブパシフィックなどのLCCを選ぶ場合は、注意も必要です。特に子連れだと嬉しいサービス、「座席モニター」がフィリピン航空、バニラエア、セブパシフィックにはありません。これは結構大きいですね。しかもWifiが有料(セブパシフィックは1時間約1000円!)なので、スマホやタブレットでインターネットにつなげるにはポケットwifiがあると便利です。

フリードリンクはまぁ、いいとしても今回、セブパシフィックでかなり残念だったのが機内食・・・。ネットの評判ではセブパシフィックの機内食はあまりよろしくなかったので、期待はしてなかったですが、やはり微妙でした。

上写真のお米はパサパサ・・・。お肉の方は普通でした。これで800円と考えると高いかも。
下写真は確か子ども用に購入したバナナクロワッサン。ほとんど口を付けてません・・・。

機内食に関しては、特に日本のLCC、バニラエアのものがおいしそう!もう見た目から安心して食べれそうですよね♪

 

(5)LCC利用時の乗り継ぎには気を付けて!

最後にこれはほんと声を大きくして言いたい!特に家族旅行で初海外のビギナーさんたち。大人でいくら海外旅行行ってても子連れ旅行はまた別です。ハンデが大きいんです。

そのハンデある中で、特に遅延が多いLCC(特にセブパシ)を選んで、マニラで乗り継ぎ・・・。本当に気を付けて下さいね。遅延だけでなく、荷物関係のトラブル、座席のトラブル、迷子・・・など何もなくスムーズに乗り継ぎできるのがすごい!ってくらい何かあると思います。

決しておどすつもりないんですよ。ただ、うちの家族の場合、2018年春のセブ島家族旅行で上記のトラブルほとんど全て経験しちゃってるんでこういうことあるんだよと皆さんに知ってほしくて言っているだけなんです。何事もないことを祈りつつ、何かあったら早急に対応する、待っていてはダメということだけは心に留めておきましょう。

 

LCCを使ってセブ島へGO!

最後はちょっと警告めいたことを言ってしまいましたが、セブ島はLCCを使えば夏休みなどのハイシーズンでも往復5万円台で行けてかつ渡航時間も短いので初の子連れ旅行には向いていると思います。

ただし、マニラ国際空港での乗り継ぎは遅延などのトラブルも多いので、なるべく直行便を選ぶ又は乗り継ぐ際は時間に余裕を持って便を選ぶなどの工夫をするとトラブル回避になります。

セブ島へ行かれる皆さんにとって楽しい家族旅行になることを願っています♪

セブ島家族旅行はこちらにまとめてあります^^
↓ ↓ ↓

最後まで読んでくださりありがとうございます。

スポンサードリンク