英検ジュニアのシルバー、6歳娘テスト対策。結果が出た教材は?

4歳の次女がぼちぼち英検ジュニアを受けようかということで、参考も兼ねて2017年5月頃の6歳長女のグダグダ英検ジュニアのシルバーの対策の様子、記しておきます。

今回はオンライン教材と参考書、それぞれ使ったテスト対策はこんな感じだよ~というのが皆様に伝わればと思います♪

スポンサードリンク

オンライン教材か参考書か・・・


出典:http://www.eiken.or.jp/eiken-junior/index.html

長女はすでに英検ジュニアのブロンズはオンライン教材を5歳(年長)1ヶ月程度使っていました。
その時の私は、ブロンズのレベルが簡単と思って、

ブロンズはテストは受けずにオンライン教材だけちょっとやらせておこう

 

とオンライン教材のみ選択。
半年ほど間をあげてシルバーを受験することにしました。
テスト費の2300円がもったいなかったんですね(;^_^A

 

しかし、当時5歳の長女にオンライン教材のゲームは難易度が高く

長女
ママ―、ちょっと来て~

と呼び出しをくらうことも。

特にスピードを問われるゲームでは呼び出し率倍増!!
本人はうまく操作できずにイライラ・・・

その上、単語も絵を見て発音聞いて・・・だけでは身に付かず。
この時の様子から

う~ん、シルバー受験の時は参考書使ってみようかな~

とこの時の経験をもとにシルバー受験では参考書を使う事にしました。

 

シルバー受験で使った参考書はこれ

うちでは、この問題集を使いました。

選んだ理由は、
Amazonのレビューで評価が高い
編集協力に日本英語検定協会が参加している

ということから。やっぱり実際使ってみた方の声はすごく参考なります。
あと、英検ジュニアの問題を作っている協会が編集に携わっているのもプラスポイント。
本番のテストに近い内容になると期待できます。

 

使ってみた感想としては、うちにはちょうどよい教材でした。
というのも、

この教材、最初に家、町、お仕事、様子を表す単語、アルファベット、月の名前と曜日、あいさつ・・・など単語が絵と一緒に覚える仕組みになっていて単語を覚えたいうちにはバッチリの内容だったからです。

英検ジュニアのテスト対策では単語を覚える事が大事とブロンズの経験で悟った母は、この単語のページをみっっっちりやりました。
(特に町がテーマの単語は集中的にしました。)

 

この単語を覚える作業はうちの場合、私もいないとだめでした・・・。

単語を覚えた後は、いざ実践!ということで、ひたすら問題をテーマ毎に出題しています。

1ページの出題数が平均2~4ととても少なく、問題は全て日本語音声で教えてくれるので6歳よりもっと下のお子さんでも問題なく取り組めると思います。

 

参考書を使い挑んだテストは?

しかし、結局、問題集の単語は全て覚えきれず本番へ挑みました。
(うちはいつもそう・・・問題集を使いきれないので1冊しか買いません。)

↑結局覚えきれなかった仕事の単語と様子を表す単語・・・。

しかし、テストを申し込んで3か月という期限も迫っていたことからとりあえずテストを受ける事に。

テスト結果は、

53問中51問正解。
正答率は96%。
2問間違いでした。

 

この2問不正解はPC操作トラブルによるものでした。
ということで、単語は全部完璧に覚えなくても聞いてわかる程度覚えれば英検ジュニアは合格できます!

スポンサードリンク

オンライン教材より大変なところは?

ただし、参考書ってゲーム性が強いオンライン教材に比べるとがっつり「勉強」なんですよね~。
低年齢の子どもに参考書してもらうにはなにか「あめ」がないと英語嫌いにさせかねません。

うちの当時5歳の長女には覚えたら巻末のシールを貼ったり、「終わったら〇〇できるよ~」と学習後に楽しいイベント(外で遊べる、TVが見れる)と言った楽しみを設定してなんとかかんとかやってもらいました。

そこんところいくと、オンライン教材は教材自体が楽しく作られていて、子どもが進んでやるので親は楽!

 

あと、参考書の大変なところは親がみっちり一緒についていないと進まないという事。
小学校中学年ならCD操作も自分でできるし問題も自分で解いてくれそうですが、幼児はそういう訳にいきません。

忙しくてみっちり教えるのムリ
楽しく英語を勉強させたい
今の英語レベルを測れればそれでいい

という考えの方ならわざわざ参考書しなくてもオンライン教材でお子さんがPC操作できるならそちらがいいのかな~なんて思います。

 

英検ジュニアのシルバー対策をやって

うちの英検ジュニアのシルバーテスト対策、ふりかえってみると、
オンライン教材ではなく、アナログ~な参考書を使ってみて、

【参考書の良かった点】
・単語はオンライン教材よりは身に着いた。
・親が付いてすることで、覚えていない所を効率よくできた。
・ゲームがないので、「英語」を学ぶことに集中できた。
・ゲームの視聴時間を気にしなくて良かった。

【オンライン教材の方が優れている点】
・楽しいので子どもが自主的に取り組む
・親がみっちりついていなくてもいい。
・記録が残ること。

という結論に達しました。

英検ジュニアで結果優先、英語を身に着けさせたいと思うなら参考書を
楽しく子どもが主体的に英語にふれればよい、がっつり見てあげる時間ない!と思うならオンライン教材

をおススメします♪
英検ジュニアのテスト対策の参考になれば幸いです^^

最後まで読んでくださりありがとうございます。

スポンサードリンク