英検ジュニアのシルバー、受験中に起きたアクシデント!オンラインテストの落とし穴

2017年6月、長女が6歳で英検ジュニアのシルバーのオンラインテストを受けた時の体験記です。

 

1年前のお姉ちゃんの体験記ですが、最近4歳の次女もそろそろ英検ジュニアを受けようと思い、
当時どんなやったかな~と思い出す意味で書いてます。

 

4歳次女の英検ジュニアのブロンズ、サンプル問題を受けている様子はこんな感じです。
☟ ☟ ☟

さて、当時6歳の長女に受けてもらった英検ジュニア、シルバーのテストですが、振り返れば、おっちょこちょいの私らしくテスト時にも色々やらかしてしていたようです。(笑)

しょうがない人だねと笑って見てやってください~。

スポンサードリンク

英検ジュニアのシルバー受験の内容

わが家の体験記に行く前に、少し英検ジュニアのシルバーのテストについて触れたいと思います。
ちなみに長女は英検ジュニアはシルバーとゴールド二つともオンラインテストで受けていますし、次女もオンラインテストの予定です。

もし、ペーパーテストにも興味がある方はこちらの記事を参考にされてみて下さいね♪
☟ ☟ ☟

 

英検ジュニアのシルバーは、大問が9つ、問題数は全部で45問あり、テスト時間は35分です
ブロンズが約30分なので、問題数や時間はそんなに変わらない感じです。

しかし、単語はやはりレベルが上がっています。ブロンズにはなかったスポーツの名前や町の施設名、学校や行事に関する名前など語彙数が増えていて、もし幼児なら知らない単語もあると思います。

 

あと、感情を表す形容詞も増えていましたね。

 

とは言え、長女が解いている様子を見ていると、参考書で練習していたせいかまぁスムーズに解いていました。そこで、私は油断し、ある行為に移ってしまったのです。

 

オンラインテスト中に電話に出て席をはずしてしまった!

オンラインテストを受けさせて中盤頃、なかなかスムーズに解いているじゃんと思いながら横について見ていると、突然携帯が鳴りました。

 

一旦出て、後からかけ直すとかできたはずだったのに、
なぜかその時の私は出てしまったのです!

 

その時は多分、ブロンズのオンライン教材の経験もあるし、PCの操作も慣れているから大丈夫だろうと油断してたんだと思います。
電話が鳴るまで何の問題もなく解いていましたし。

 

そして、問題が起きます。

長女
ママ~!ママ~!

 

別室で私を呼ぶ長女の声。
いや~な予感がします。しかし、すぐに電話を切るわけにもいかず、ちょっとしてから行くと・・・

 

PC画面になにやら表示が出てそれが邪魔してクリック出来ない状態に!!!

 

ゲゲッ!と思い、すぐさま表示を消しましが、明らかに何問か問題が解けなかった様子。
ガ~~ン・・・。

やっぱり6歳児が一人でPC操作はまだ無理か~と自分の甘さを痛感した出来事でした。

 

スポンサードリンク

そして気になるテスト結果は?

英検ジュニアのよい点の一つにすぐに結果が出るというのがあります。

早速恐る恐るクリックすると・・・

53問中51問正解。
正答率で言うと96%。
2問間違いでした。
全問正解ならず!

 

そしてその2問間違いというのがこちら。

そ~そ~、ちょうど中盤に差し掛かったくらいで電話に出た~~!
(18)は明らかにそうですが、(17)は単に答え間違えたようです。

 

オンラインテスト、ピッタリそばにが原則。

というわけで、わが家で起きた英検ジュニアのオンラインテスト時に起きたアクシデントとは

 

母がテスト中に電話で席を外したら、子どもがPC操作でつまずき失点した・・・

 

というなんともトホホ・・・なアクシデントだったのです。
それまで順調だったから大丈夫だろうという油断から席を外したんですが、ダメでしたね~。
この時の教訓を生かして長女がゴールド受験の際はピッタリと横に張り付いておりました!

 

「落とし穴」というタイトルほどのことではない内容と思われた方、すみません(;^_^A

オンラインテストで英検ジュニアを受けさせる際は、さすがに私のように電話に出る人はいないとは思いますが、念のために携帯をマナーモードに切り替え、テスト時間は何も邪魔が来ないような時間帯を選びましょうね!

最後まで読んでくださりありがとうございます。

スポンサードリンク