グアムのバスに安く乗る!実際に試した節約術を4つ書きます

こんにちは!
ともです。

2019年クリスマスシーズン、ついに念願のグアムへ家族旅行で訪れました!

グアムの美しい景色とおいしい景色に大満足だった半面、
物価の高さには正直参りました…。
だって家族4人だと単純に一人分の4倍の出費がかさみますからね…。

そこで、準備段階からいかにして現地の滞在費を減らせるかばかり考えていました。
その一つが「交通費削減」です。

グアムはバスの交通網が発達しているのでバスの路線ルートや金額、お得なクーポン等の情報を得ていたらきっと節約できると思ったからです。

という訳で、今回は私が実際にリサーチして実行したグアムのバスの節約術を4つほど書きます。よかったら参考にされてみてください(*´∀`*)

1日以上乗るなら断然「レアレアトロリーバス」


参照:https://activities.his-j.com/TourLeaf/GUM0026/

グアムにはラムラムツアー会社が運営する赤いシャトルバスとH.I.S.が運営するレアレアトロリーの2種類のバスがあります。

もし、グアムでバスに1日間以上乗る予定があるなら赤いバスではなくレアレアトロリーをおススメします。

理由は単純明快。

①まず安い。

こちらのバスの料金表を見て下さい。

チケットの種類赤いシャトルバス レアレアトロリー
(通常価格)
 レアレアトロリー
(初夢フェア価格)
1日乗り放題券12ドル
(子ども12ドル)
 10ドル
(子ども8ドル)
 
2日乗り放題券15ドル
(子ども13ドル)
  
3日乗り放題券 15ドル
(子ども8ドル)
 9ドル
(子ども6ドル)
5日乗り放題券25ドル
(子ども13ドル)
20ドル
(子ども8ドル)
 14ドル
(子ども6ドル)

子どもは6歳未満はどちらのバスも無料。
※2020年1月28日現在

乗り放題券はレアレアトロリーが安いですね。

更に初夢フェアで割り引かれると5日間乗り放題券なんか赤いシャトルバスの半額に近い値段…。

この初夢フェア、お正月期間より長い間開催されています。

2020年だと2/3(月)まで予約受付中です。通常価格も赤いシャトルバスよりもお得です。


レアレアトロリーの予約・乗り放題券購入

②運行間隔は約10分間隔と短い

レアレアトロリー、運行間隔が10分と短いので、1本逃してもすぐに来るイメージです。

これに対して、赤いシャトルバスは約15分間隔。
体感的にレアレアトロリーが2本来た後に赤いシャトルバスが1本来るという感じでした。

レアレアトロリーの予約・乗り放題券購入

クーラーがガンガン効いている

夏休みシーズンなどグアムは気温湿度共に高いのでエアコン効いている方がいいです。

これが赤いシャトルバスだと基本窓全開でエアコンなしなので結構つらいはず…。

参照:MEET GUAM

冬場は乾季なので結構涼しい風が吹いていて赤いシャトルバスも開放的でありだな~と思いますが、夏はあまりオススメしません。オープンカーだと突然のスコールなども入ってきますからね(;#)Д` 😉

その点、レアレアトロリーは完全に窓が塞がれていて冷房ガンガン効いているのでかなり快適に過ごせるはずです。

レアレアトロリーの予約・乗り放題券購入

④比較的空いている

これは子連れだと結構大きいメリットですね。


私たち一家が利用した12/24~12/26の3日間は年末シーズン前でガッラガラで貸し切り状態。

満席で乗れないなんてことは一度もありませんでした。

しかも、運転手のおじちゃんの采配一つで柔軟に対応してもらえる時も。

ある時、私たち一家だけGPOの乗り場で待っていたら、宿泊先と反対方向行のレアレアトロリーが登場。

パパが「シェラトン、GO?」と行くと、「Yes, Yes, OK!」と言うではないですか。

(あれ?このバス、確かマイクロネシアモール行のはずじゃ…)

疑心暗鬼のまま乗車して様子をうかがっていると、おじちゃん、ちゃんとシェラトンホテルへ向かってくれているではありませんか!(*´∀`*)

バスの時刻表の時間は大丈夫なのか?と思いつつ、おじちゃんの親切心に感謝♬空いていて気のいい運転手に当たるとこういうサプライズも期待できます(笑)

その一方で、タモンサンズプラザからGPOへ運航する無料シャトルバスを利用した時は途中から満席になり、子連れは乗車拒否されてました。

無料シャトルバスは無料なので多くの観光客が利用します。でもレアレアトロリーはH.I.Sツアー客か私のようにチケットを購入した人しか乗らないので席が空いていることが多く、子連れには快適なバスでした。

レアレアトロリーの予約・乗り放題券購入

レアレアトロリーの利用で注意する点

その一方、HISツアーでなかった私たちにはデメリットに感じた点がいくつか。

例えば、H.I.S.ラウンジが入っている主要ホテルに泊まれれば問題ないのですが、それ以外のホテルでレアレアトロリーに乗りたい場合、発券手続きをしにわざわざHISラウンジがあるホテルかザ・プラザへ出向かいないといけません

HISラウンジがあるホテル一覧

実際、私たちが滞在していたシェラトンホテルにはH.I.Sラウンジが入っていなかったので、夫は隣接するオンワードグアムホテルへ徒歩でバス券に替えに行きました。往復30分はかかってたようです。

後、このレアレアトロリー、北回りと南回りがあるのに表示は「マイクロネシアモール行」だけ

いや、書いてくださいよ、どっち回りか。

だから一回一回、乗車前にシェラトンホテルに行くかどうか聞かなければいけないのも手間といえば手間でした。

でも、この2点は知っていれば対応できる範囲なので問題ないかなと思います。

レアレアトロリーの予約・乗り放題券購入

短時間利用の時は「赤いシャトルバス」


参照:https://www.coconuts-shin.com/guam/option/option-102.html

ただし、赤いシャトルバスがいい時もあります。

それは、バスを1度だけ、あるいは数時間だけ利用するとき。

赤いシャトルバスは短時間だけ利用する人のために細かな料金設定があります。

まず1回だけ使える乗車券は4ドル(アプリ利用で3ドル)
3時間利用で3ドル
6時間利用で6ドル

1回乗車券は率が悪すぎますね(笑)

これなら3時間か6時間利用ですね。

実際、TギャラリアからKマートへ行く時使おうか迷いました。

でも、赤いシャトルバス、レアレアトロリーより始発がやや遅め
この時も10時台の始発バスが遅かったので結局タクシーでKマートへ行きました。

こちらから赤いシャトルバスのチケットが購入できたり、路線図や時刻表が確認できます。
→ ココ夏ッ通信 グアムのオプショナルツアー予約&観光旅行情報

また、赤いシャトルバスはアプリも使えるので便利です。詳しい使い方はこちらで確認できます。
→ MEET GUAM

とにかく無料シャトルバスを使い倒す


This photo of T Galleria by DFS, Guam is courtesy of Tripadvisor

特にグアムの繁華街、タモン地区に滞在の方にオススメなのがショッピングモールが運航している無料シャトルバスを利用すること。

大きく3種類運航(1つ運行しているか現在不明)しているようです。

①マイクロネシアモール無料シャトルバス


参照:ぐあむたび

タモン地区の主要ホテル(ロッテ・アウトリガー・フィエスタ/ホリデー・PIC)とマイクロネシアモール間を運行する無料シャトルバス。

ただし、マイクロネシアモールの公式サイトで時刻表が現在見当たらない(2020/01/30)ので、現在運航しているかは不明。引き続き調査したいと思います。

②Tギャラリア無料シャトルバス


参照:Tripadvisor

こちらもタモン地区の主要ホテルとTギャラリア間で運行している無料シャトルバス。

運行ルートや時刻表はこちらに詳しく載っています。

TギャラリアグアムbyDFSの無料バスのルート(路線図)!

③タモンサンズプラザ無料シャトルバス


参照:youtube.com

こちらはタモンサンズプラザから2か所のホテルを経由してGPO(グアムプレミアムアウトレット)へ向かい、また2か所のホテルを経由してタモンサンズプラザへ戻る無料シャトルバスです。

私はこの通称黄色いバスを1度利用しました。運行時間は10~15分間とか30分間とかネットの情報ではバラつきがありましたが、2019年12月27日利用した時点では40分間間隔になっていました。

シェラトンホテルの無料バスも本数が減っていました。このようにグアムは観光客の減少によって、無料バスの運行本数が減っている傾向です。ですからなるべく口コミやブログの情報は最新のもので確認した方がいいです。

名所を2か所以上周るなら観光ツアー

初めてのグアム旅行なら市内観光、行ってみたいですよね?

レアレアトロリーや赤いシャトルバスも「恋人岬」行きや水曜夜のナイトマーケット、朝のマーケットへ行く便がありますが1か所しか周らないので、恋人岬やアガニャ地区の観光地など一度で巡りたい場合は効率が悪いです。

レンタカー借りて自分たちで行けなくもないですが、やはり初めての土地だし、ガイドさんいないと行ってもきっと面白くないだろうということでガイド付きのタクシーかバスツアーの2択で検討

(1)ガイド付きタクシー貸し切りの場合

ガイドさん付きのタクシーの貸し切りはVELTRAやMIKIタクシーのプランだとどちらも3万円台と高く予算オーバー。

大阪グアムコンビニエンスストアというところもガイドさん付き貸し切り観光ツアーの斡旋をしているらしく、ホテルー店間の送迎付きでお値段6人でも150ドル(1.7万円弱)とかなり良心的。

でも、ツアー前後でお店で買い物しなければならず、口コミ情報によると店主さんは日本人ですごくいい人だそうですが、レジの韓国人のおばちゃんは押し売りセールスが強いらしく、その手の方は苦手だったのでパスすることに。

(2)観光ツアーの場合

で、結局MAPPLEアクティビティという大手の旅行雑誌会社がしている市内観光ツアーへ参加することに。

ツアーの正式名称は定期市内観光ツアー 半日でサクッと巡る [ラッテストーン公園・スペイン広場・恋人岬etc..]

参照:グアム 現地オプショナルツアー・アクティビティ予約

参加した感想としては・・・とてもよかったです!


MPPLEアクティビティは旅行雑誌「まっぷる」が主催している現地ツアー専門会社。

大人3370円、子ども2247円、幼児(0-5歳)無料!のツアー料金(※2020/01/30現在)で、サクッとグアムの名所を見れてとてもお得感ありました。

ベテランの日本人バスガイドさんのナレーションは見事だったし、彼女がパシャパシャ撮ってくれる家族写真は一生の宝物になりました。

初めて家族でグアムへ行かれる方にオススメのバスツアーです。

グアムの最安値ツアー!2.5時間で周れる市内観光ツアーの予約の仕方と体験談

2020.02.23

定期市内観光ツアー 半日でサクッと巡る [ラッテストーン公園・スペイン広場・恋人岬etc..]



乗り放題券や無料バス、観光ツアーバスを使えばお得!

グアムでの滞在が長引けば長引くほど交通費もお高くなります。

でも、初グアムでいきなりレンタカー借りるのはなかなか勇気がいるもの。多くの人が観光バスやタクシーを選択すると思います。

グアムは他のアジアンリゾートに比べてバスの種類、運行ルートが豊富でかなり使いやすいです。乗り放題券やツアーバス、無料バスをうまく使ってお得に便利に観光地を周りましょう!

バスでもスマホが使えればやはり便利

レアレアトロリー内はフリーwifiがあるのでwifiルーターいらないじゃん♬

と思ってたんですよね。

でも、乗車するたびにいちいち設定画面でwifi接続してパスワード入力するのが次第に面倒に。

夫は日本ですでにこちらのグアムで使えるSIMカードを購入。

バスの中では暇つぶしにポケモンGOをやるなど快適なネット環境を満喫していました・・・

私はというと手持ちのandroidの周波数がSIMカードに対応していなくて使えなかくて予想以上に不便な思いをしていました。

今思えば安いWifiルーターを借りておけばよかったと後悔しています。

グローバルWifi